本文へスキップ

純血種の成猫ちゃんサイト・里親ビギナーズカフェは正式なブリーダーさんから純血種の成猫ちゃんを譲り受け、不幸な猫ちゃんを減らそうという主旨のご縁組みサイトです。

純血種の成猫ちゃんのご縁組サイト・里親ビギナーズカフェ里親ビギナーズカフェ

里親ビギナーズカフェトップページ → 噛み癖のしつけ方

ネコが人間の手や脚、モノを噛んでしまうのは本能なのである意味仕方のない事です。しかし、愛するペットに腕や指を噛まれてばかりでは人間的には切ないですね(笑)大切なことは、猫の立場にたってモノを考えてあげる事です。
噛み癖のしつけ方法

猫は人間の言葉がわかりません。
ですから、叱る時は「コラ!」「ダメ!」といった、いつも同じ言葉で根気強く教えてあげましょう。

猫がモノを噛むのは遊んで欲しい時や、欲求不満、歯が痒い、条件反射などが考えられます。

日頃からネコが噛める遊びのグッズを用意して、人間が遊んであげなくてもグッズで遊べるようにしてあげましょう。遊ぶものがない故に人間の物に手を出すので、猫用のグッズは大事です。

また、猫の習性として「習慣」があります。
つまり、小さい頃から毎日遊ぶものを決めてやれば、同じ物で遊ぶようになります。これは、猫の爪とぎにも応用できます。一度、猫に「爪とぎはこれだよ」と覚えさせてしまえば、猫はむやみな場所で爪をとがないようになります。

グッズで遊んでいる時に、エスカレートして指や腕を噛む場合、「ダメ!」と指を鼻につけて睨みます。ネコは目をそらすでしょう。これを根気強く続けましょう。