本文へスキップ

純血種の成猫ちゃんサイト・里親ビギナーズカフェは正式なブリーダーさんから純血種の成猫ちゃんを譲り受け、不幸な猫ちゃんを減らそうという主旨のご縁組みサイトです。

純血種の成猫ちゃんのご縁組サイト・里親ビギナーズカフェ里親ビギナーズカフェ

里親ビギナーズカフェトップページ → 去勢・避妊手術について

不幸な猫ちゃんを減らすために、去勢・避妊を行いましょう。
保健所では年間、何万匹もの猫ちゃんが処分されています。


猫の去勢・避妊

-去勢・避妊の時期-

生後6ヶ月〜10ヶ月頃にしましょう。

以下の人は必ず去勢・避妊をして下さい。

●産まれた子猫ちゃんを飼えない
●産まれた後の貰い手が決まっていない

-さかりがつくとどうなるか?-

オスは他のメス猫のにおいを嗅いで発情期になります。
メスの発情によりさかりがつきます。
メスは生後7ヶ月位から発情期が3ヶ月ごとにやってきます。
発情の期間は1ヶ月程度で、

オス…
●なわばりを主張する為に、スプレー(臭いのきついオシッコ)をあちこちにし始める
●大きな声で鳴く
●外に出たがる

メス…
●大きな声で鳴く
●床や壁、人などに体をこすりつける
●しっぽのつけ根をなでるとお尻を持ち上げる
●おしっこの回数がふえる
●ご飯を食べなくなる

●アソコをたくさんなめる

さかりのついた猫ちゃんは、想像以上にうるさく、人間にとって大変です。
さかりがついて手に負えなく捨ててしまう人も絶えません。

つがいで飼育していたり、プロの繁殖をされている方は別ですが、単体で飼っている方は相当の覚悟がなければ去勢・避妊をしましょう。6ヶ月頃に去勢・避妊をすると猫ちゃんは小さい頃のままの性格で飼いやすく、大人しくなるといいます。

里親ビギナーズカフェでは不幸な猫ちゃんを増やさないために、ご紹介させていただく猫ちゃんは、去勢・避妊後に譲渡いたします。

-去勢・避妊の費用-

オスは8000〜30000円程度
メスは20000〜50000円程度

が相場です。

残念な事に、貰い手のない子猫ちゃん、野良猫ちゃんが毎年かなりの数、殺されています。不幸な猫ちゃんを増やさないように、去勢と避妊をすすめます。