本文へスキップ

純血種の成猫ちゃんサイト・里親ビギナーズカフェは正式なブリーダーさんから純血種の成猫ちゃんを譲り受け、不幸な猫ちゃんを減らそうという主旨のご縁組みサイトです。

純血種の成猫ちゃんのご縁組サイト・里親ビギナーズカフェ里親ビギナーズカフェ

里親ビギナーズカフェトップページ → 成猫のメリット・デメリット

猫ちゃんをお迎えになる前に、成猫ちゃんのメリットとデメリットをきちんと把握しておく事で、お迎えになった後のお役立てになれば幸いです。

メリットは赤文字デメリットは黒文字の書き出しでご案内しています

-性格やしつけに関して-

◎猫ちゃんの性格・気質がわかる

ある程度大きくなった子は、大体の性格・気質ができ上がっています。
多くの猫ちゃんのいるキャッテリーで育った子や、キャットショーに出ていた経験のある子は猫ちゃんに対しても、人間に対しても社会性の身についている子ばかりで、新しい環境下にも馴染みやすいことが多く、また甘えん坊の子も多いです。

また正式なブリーダーさんは、気性の荒い子は繁殖に用いることがありませんので性格自体は安定している子が多いのが特徴です。譲渡前に、どんな性格であるのか確認してみましょう。


△新しい環境下に馴染みにくい子もいる

長年単独飼育していた猫ちゃんに多いケースですが、前の飼い主さんを忘れられなかったり、新しい里親さんを家族と認めずに警戒・威嚇をしてしまう子もいます。

その場合、一見可哀想に見えてしまうかもしれませんが早く新しい環境に慣れて貰うため、「ここは安心できる場所だよ」と教えてあげるために、3週間〜1か月のケージ内飼育を行って頂きます。

ケージ内飼育をする事で、猫ちゃんは徐々に「ここは新しいお家だ」「安心できる場所だ」と思う様になります。

またある程度ケージ飼育をした後、放し飼いをすると自分の面倒を見てくれるのはこの人だ、と理解を示し、触らせてくれる様になります。

その様になったら、ご飯をあげる時は名前を呼び、近くまで来て貰う様にして頂き徐々にコミュニケーションを深めて頂くことが可能になります。

また譲渡後も、当方とブリーダーさん相互協力のもと、ご相談にも応じておりますのでご安心下さい。
慣れないからといって、他の方に譲渡したり、転売する行為は絶対にお控え下さい。


◎トイレ等のしつけが済んでいる

猫ちゃんのおトイレのしつけは、然程難しいものではありませんがそれでも子猫ちゃんは勘違いや習慣による粗相が起こりやすいものです。成猫ちゃんは、小さい頃からの習慣をきちんと守る事もあり、新しい環境下であっても、おトイレで粗相をする事は滅多にありません。


◎子猫ちゃんほどの手間暇はかからない


ある程度大きくなった子は、それまで育ってきた環境下にてご飯・おトイレのしつけ等も習慣化されているので手間がかからない面があります。これは、猫ちゃんが「習慣化」した性質を持ち合わせているからです。

また子猫ちゃんの頃は、どの子もおてんばさんやワンパクだったりと運動能力が非常に高いのですが、ある程度大きくなっていくにつれハイテンションになって遊ぶ回数は減ります。

そういった面もあり、当方にはご年配の方や、共働きのご夫婦等から成猫ちゃんを譲渡して欲しいというお声を多く頂いております。


△名前が決まっている場合が多い

一般的な呼び名、または猫ちゃんの正式なお名前が既に決まっていて猫ちゃん自身もそのお名前で自分を認識するケースが多いです。その場合、時間をかけて新しい名前を覚えて貰う事も可能ですが、大概の里親さんは、以前から呼ばれていたお名前でお呼びになる事が多い様です。新しい家族に、自分で決めたお名前をつけたいという方には、少し残念かもしれません。


△子猫ちゃんであった頃がご覧になれない

譲渡される猫ちゃんは、ある程度大きくなった子ですので、当然ながら大人とはまた別の、小さい頃特有の愛くるしい姿をご覧頂くことは出来ません。
その代わり、ブリーダーさんや、以前飼われていた方の元にはお写真や動画等も残されているケースもございますので、子猫ちゃんだった頃のエピソードも含め、ブリーダーさんにご希望されてみて下さい。



-健康面に関して-

◎過去の病歴等が明確

猫ちゃんも人間と同様に、小さな頃はとても病気をしやすい面があります。
それは、環境の変化によるストレスにより免疫力が低くなり、感染病にかかりやすかったり、成長していく過程で何かのアレルギーが発覚したり、成長期にご飯の切り替えが上手くいかず、下痢や便秘、胃弱等の症状が出たりと様々な要因で起こりうるので一概には言えないのですが、ある程度大きくなった猫ちゃんの場合、それまで育った環境下にてブリーダーさんがそういったものを把握しているので、過去の病歴等が明確です。

ご飯一つをとっても、体質に合う・合わないがある場合があるので、譲渡後に何を気を付ければいいかの的確な指示が頂けます。また子猫ちゃんに起こりうる病気の可能性はぐんと減り、健康面での不安も減ります。


-譲渡費用に関して-

◎譲渡費用が高くない

血統書なし等で猫ちゃんを激安で譲渡されるというのは、正式なブリーダーさんではなく、素人もしくは個人、
業者ブリーダーのいずれかというケースが多いです。
多くは営利目的で、通常はペットショップに卸していたりするケースですが、ペットショップではお腹の中の子全て(一腹と表現します)で1万円、2万円という買取値なので、個人で掲示板や、その他のご縁組みサイトを通して"販売"した方が高く売れるのです。
そのために、猫ちゃんに対する「責任」や「義務」感の薄い素人・個人・業者の方は健康上に問題のある猫ちゃんでも、平気で激安費用を付け"販売"してしまう様です。

里親ビギナーズカフェでは、そういった被害を被るお客様と猫ちゃんを減らすために何かの事情により新しい家族を探している、きちんとした純血種の猫ちゃんを「国内血統書(自作系統図)+ ワクチン + 健康診断費 + 去勢・避妊手術費用」を含めた譲渡費用にてご紹介しています。

譲渡費用に関しては、詳しくは"猫ちゃんの適切な譲渡費用"をご覧下さい。