本文へスキップ

純血種の成猫ちゃんサイト・里親ビギナーズカフェは正式なブリーダーさんから純血種の成猫ちゃんを譲り受け、不幸な猫ちゃんを減らそうという主旨のご縁組みサイトです。

純血種の成猫ちゃんのご縁組サイト・里親ビギナーズカフェ里親ビギナーズカフェ

里親ビギナーズカフェトップページ → おトイレのしつけ方

ネコのトイレのしつけはとても簡単です。
基本的には、上記に書いたようにネコの必要なもの(トイレ)を必要な場所(落ち着いて用を足せる場所)に用意してあげればOKです。

トイレのしつけ手順

1.ネコのトイレ容器にネコのトイレ砂に入れ、猫が落ち着ける一部屋に設置します。
*譲ってもらった猫の場合、それまで使っていたトイレ砂をもらって来て、混ぜてあげると排泄物の匂いが移り、猫がトイレと認識しやすくなります。

2.その室内に、お水と餌を置き、落ち着いて休める寝床を用意し、他の部屋に行かないように、ドアは閉めておきます。
*他の部屋に行かせてしまうと、トイレの部屋がわからなくなってしまう為、最初は一部屋で落ち着かせてあげましょう。

3.定期的にトイレの前に連れて行き、トイレ容器の中に体を入れてあげたりしてやさしく「トイレだよ」と教えてあげます。
*そわそわし始めたら、オシッコやウンチをしたい時ですので、そわそわした素振りを見せたら連れて行ってあげましょう。

4.おトイレの中でオシッコやウンチを1回でもしたら、次からそこでするようになります。トイレに慣れたら、行動範囲を広げてあげましょう。

-覚えておきたいこと-

●猫ちゃんが増えたら、トイレも増やしてあげましょう。
基本的に1匹につき、1個のトイレを用意してあげましょう。

●トイレは憩いの場所(笑)です☆
猫が落ち着いて用を足せる場所に設置してあげましょう。トイレの場所を移動したい時は、焦らずに、覚えるまでは2個トイレを用意する位の気持ちでやりましょう。

●猫はきれい好きです。トイレの排泄物をいつまでもお掃除しなかったり、不潔にしていると、せっかく覚えたトイレも使わなくなってしまいます。トイレ砂はこまめに取り替えるようにしましょう。長時間の外出などでどうしても替えられない時は、砂を多めに入れておきます。

●粗相をしたら、すぐに片付けて臭いを残さないようにしましょう。臭いが残っているとそこがトイレと勘違いしてしまいます。綺麗に掃除をして、そわそわしたらトイレへ・・・と根気強くしつけましょう。